メーカーによる違い

レンズカメラの買取りのポイントになってくるのは、メーカーの違いも出てきます。思っている以上に差がつく部分となりますが、日本の有名メーカーだからといって、すべてが高額査定になるというわけではありません。

高額になりやすいというところではキヤノンとニコンはとびぬけている存在でしょう。古くから人気のある企業ですが、両巨頭ともいえる存在で、一眼レフカメラでは、根が下がりにくいことでも知られています。レンズなどの付属品も豊富なことが後押ししていますが、利用者の多さは市場の大きさにもつながってくるのですから、重要ポイントになるのは間違いありません 購入するときにも大きなヒントになってくるでしょう。コンパクトなデジカメというところでは、オリンパスやソニーも高い人気を持っています。知名度もありますが、かなりの高値になるメーカーです。

海外では、ライカやカールツァイスが有名で、ブランド力も持っています。もともとの価格帯が高いこともあって、買取り価格もかなりのレベルになります。こうしたカメラが眠っているときには、早めに査定に出すのを検討するといいでしょう。寝かしているのは、本当にもったいないレベルで金額になるからです。


**関連記事**

  1. カメラの買取り
  2. 発売時期と査定
  3. 古くても高額に